· 

チョボラスタッフ募集イベントの実験の概要

2019年11月16・17日カピオで行われるサイエンスコラボでの、

『チョボラスタッフ』募集イベントでの、実験のテーマが決定いたしました!

テーマは、かんたんVR装置で、むつかしそうなVR(仮想現実)の世界をのぞいて見よう!です。

画像のようなゴーグルをつけて、「キャ~~~!」なんて、叫んでいる人いますよね~。

画像をクリックするとコメントが読めます。

 

他にも、画像のような、グッズをそれぞれチョボラさんの手元において置くので、参加者の方がに、事前に見てもらってください。
すべて、ステレオグラムという立体視用のグッズですが、VRの装置にもつながるので、手始めの説明としては、使いやすいものです。

それで、今回使うかんたんVRめがねのレンズは、凸レンズです。

もちろん、最初にケロロがかぶっているVRゴーグルにも、2つの凸レンズがついています。

画像をクリックするとコメントが読めます。

この凸レンズが、どういった役割をしているかは、こちらをご覧ください。

チョボラスタッフとしてご参加いただけるみなさんには、あんちょこにして後日お渡ししますね。

上記サイト程くわしくは説明しなくて大丈夫ですよ。

会場にいらした方々には、次のようなものを観察してもらいます。3段階に分けて観察しますよ。

まずは、右目と左目に見えるであろう2つの画像を観察してもらいます。

一発で飛び出したように感じますよ。

右、真ん中の惑星の画像には、シールを貼ってもらいます。貼ったシールが新しい惑星のように感じてもらえたらうれしいな。

そしてそれをよく観察すると同じ大きさのシールだったのに、張り方で大きさが違って感じます。

人間は、遠くに見えるものは、実は遠くにあるから、小さく感じるけど実は大きいんだって思うので、同じ大きさのモノだったら、遠くにあるように配置させた方が、大きく感じるのです。ちょっと不思議な体験ですよ。

次は、画像ではなく、実際に自分で作ってみます。

すきなお人形やピンを使いますよ。

お人形の位置は、最初から配置しておきます。その周りに置く、ピンの場所は、実際に自分で試行錯誤してもらいます。

例として、下の赤い電車で考えてみましょう。

電車の両脇に、

例えば右目で見る方は少しピンを離して、左目の方はくっつけてというように置くと、電車に向かって右に配置したオレンジのピンは、より遠くに大きく感じて見えます。

この辺りの解説も、あんちょこにしますね。

最後はおまけで、間違い探し。

これも、VRめがねで見つけることができるのですよ。

リンク先にもあるのですが、こちらで、間違い探しがどうして、VRめがねでできるか、解説しています。

来場者の方々は、楽しんでもらえるかな?

チョボラスタッフさんも、もちろん楽しんでもらえると思います。

もちろん、使ったかんたんVRメガネや、グッズは、お持ち帰りできます。今回のかんたんVRめがねでも、スマフォを使って、vr体験できますよ!

チョボラスタッフやってみよう!もう少し知りたい!
謝金ってあるの?

って思われた方は、こちらをご覧ください。

 

お知らせですが、

これに似た実験を、8月25日(日)つくば市中央公園で、KUBOさんやっています。

11時からと14時から。

つくば市社会福祉協議会さんのイベントです。

どなたでも、参加できるイベントで、多分参加費200円位です。

おそらく、小学校には、今後チラシが配られると思うので、ぜひぜひ、遊びにいらしてくださいね。